サイトメニュー

顔が大きく見えるのを改善

注射

美容整形を受ける前に

顔の頬横付近にエラがあり、これができる原因には人体の様々な器官が作用しています。エラが張る事で顔が平べったく大きく見える事から、ボトックス治療で改善を希望する方も多いです。ボトックス治療も全てに効果があるわけではないので原因をまず知る事が大切です。原因は大きくわけて咬筋・脂肪・骨格の3つがあります。咬筋は食事をする際に使用する筋肉です。耳の付け根から縦に流れる様に存在しており、食事中に咬む動作をするだけで筋肉は収縮します。食事は人間の生命活動に必要な行為であり、咬筋を使用する機会は他の筋肉より多いと言えます。発達も早い筋肉であり、これが発達する事でエラが張った様になります。逆に軟らかい物ばかり食べるなど、あまり使用しない場合は発達が抑えられますが代わりに脂肪がつく事になります。脂肪は顔を大きく見せる原因ですが、エラにも当然つくので張りを促進させる原因にもなります。骨格は努力だけではどうしようもない原因であり、遺伝の影響で張りやすい場合もあります。咬む動作にも骨格が関わっており、咬筋を使いやすかったり逆に収縮しにくく脂肪がつきやすかったりと個人差もあります。噛み方にも癖があり、骨格が作用している場合もあります。多くは骨自体が張ったような形状の場合があります。これらの様に基本的に3つの原因があり、それぞれが重なり連動し合っている事になります。エラの張りによって顔が大きく見えるのを改善する美容整形方法として、ボトックス注射による治療が効果的と言われています。全てがボトックスで改善するわけではなく、原因が筋肉起因である場合に出番となります。エラが張っていると顔が大きく見えがちですが、骨や脂肪ではなく筋肉が発達していても大きくなります。ボトックス注射では、この様に筋肉が発達して大きい場合に、筋肉を痩せさせる効果があります。ボツリヌストキシンという薬剤を注入するのですが、これが脳からの神経伝達を遮断して、筋肉が緊張したり収縮したりする事を抑える働きがあります。緊張や収縮しない筋肉は使われていないと同じなので、次第に痩せていきます。それにより発達した筋肉が小さくなっていき、エラが張る事を改善する事ができます。メカニズムを聞くと筋肉を弱らせる効果なので心配される方も多いですが、日常生活に支障がない程の薬剤の量であり、食事などに影響はありません。発達しすぎたものを必要量に戻す様なものと言えます。副作用はない安全な美容整形方法であり、世界中で施術が行われています。ボトックス効果は半年ほどでなくなっていくので、次第に筋肉が発達してくる事になります。定期的に注射する事で、効果を半永久的に伸ばす事ができます。